肋間神経痛の痛みをとる 原因 症状 治療法

スポンサー広告

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

肋間神経痛 原因

肋間神経痛 肋間神経痛の原因


肋間神経痛 肋間神経痛の原因

肋間(ろっかん)神経痛は肋骨に沿って延びる神経が
傷ついたり刺激されたりして発症します

原因としては

● 外傷、病気によるもの

椎間板ヘルニア、事故による圧迫、骨粗鬆症による
骨折、神経疾患など


● ウィルスによるもの

ヘルペスウィルスにより、帯状疱疹及び肋間神経痛として
出現します。


●その他

原因がはっきりしない肋間神経痛の多くは、過度のストレスや
ビタミン不足が関係していると考えられています。


・肋間神経痛の症状

・肋間神経痛の原因にはストレスの影響もあります。


・肋間神経痛の治療法

・肋間神経痛と間違えやすい病気


スポンサーサイト

未分類

肋間神経痛の症状


肋間神経痛とは、背中、腋の下、胸の辺りに痛みが
出る症状です。


この神経に沿って肋骨の間に痛みが出る状態を
肋間神経痛といいます。


背中、胸部、腹部に分布する末梢神経である
「肋間神経」が、体の無理な動きによって圧迫される
ことによって痛みます。


この痛みは持続的なものと断続的なものがあります。


肋間神経痛は心理的な原因で痛みが出る場合も
ありますので必ずしも原因を特定することはできません。





上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。